キャッシング即日で対応可能な業者一覧(優良なところのみ)

さっそくですが借入理由にそっておすすめ借入業者まとめました。
借入と一口にいってもカードローン、キャッシングなどサービスによって
結構異なりますので以下によくある理由を元に借入業者をまとめておきました。
すぐ業者知りたい人は以下を参考にどうぞ。

借入理由をもとに借入業者をまとめました。

借入 即日 - 即日、今すぐに借入したい方向けの一覧です。小口融資(数万円)~100万くらいまで即日でなんとかしたいんだよねという方向けの情報。
借入 アルバイト - アルバイトですが借入したいのですが。という人はここ。
借り入れ 総量規制対象外 - 借り入れ 総量規制対象外で大口融資を可能にするならこちらを参照してください。

借入の常識、疑問を解決を考えてみる

「それ常識だろ。ばっかじゃない」こういうふうに言う人って私嫌いです。
いきなり何いってんの?という風に思われたかもしれませんが、実はこのサイトを
立ち上げた理由が借り入れについてまったく無知な私を小馬鹿にした上司がいたのです。
それで悔しくてお金に関すること、借入、をかなり勉強したのです。
一応セグメントは借入です。ですので投資とかとかそういう難しいことは全くわかりません(笑)
子供がコレってなんなのー?っていう疑問はそれをただ知らないだけなのでそういった意味での
借入の疑問を考えてみたいと思います。

誰でも借り入れは可能なのか?

よくあるのがアルバイトでも借りれますか?専業主婦なんですが借りれますか?
18歳だけどどうでしょうか?とかそういった類の質問です。
結論をいうと誰でも借りることはできません。
あ、当たり前やん。ってかたは是非そっとブラウザを閉じて頂いてかまいません。

所謂、キャッシング、個人向けローンだと年齢制限は厳密ではありませんが20以上
であることが好ましいです。厳密にいうと学生ローンとかは18歳の大学生とかを
お客さんにしていたりしますのでそういったところだと借入可能ということになります。

ただ所謂大元がしっかりとした銀行グループなどの場合は実際20歳以上の方を対象に
しているところが多いです。そして収入が安定している方というのが条件ですね。

え、じゃあ専業主婦って借入できないじゃん。バイトであればアルバイトしているから
収入はあるわけで借入できると思うけど。。。
こういった疑問を持った方かなり筋が良いですね。
実際のところほぼほぼそうなります。

しかし、一つだけ方法があります。総量規制対象という賃金業法で定められた取り決めがありこれにそって賃金業者さんは運営をしていかなければなりません。
で、総量規制の中の一つが年収(所得)の3分の1までの借入ということになっているのですが、総量規制対象外商品というものが存在します。ここでなら借入はできます。
但し、個人的には専業主婦の方は返済が夫のお給料となると思うので黙って借りたりしてはいけないと思います。あくまでもお金ってゼロになってどうしようもないときってある
場合もあると思うので最後の砦というか、まあ本当にピンチで返す当てがある困っている人という為の話だと思うわけです。

土地担保とか担保なしとかあるけど担保があったほうが良いの?

まず、担保というのはお金が返せなくなったとき、お金の代わりにその担保が
貸主のものになるという話なんですが個人向けの小額融資の場合無担保で借入
できるところがほとんどです。
個人向け融資で担保をというのはあまり聞きませんが法人向け融資だと担保を
というところもあります。担保は主に不動産。つまり家とかビルとかですね。
このサイトで紹介している金融商品に担保を求めてくるところは極力載せていません。
今後載せるかもしれませんがそれは悪しからず。
で、あったほうが良いのかどうかという点についてですがこれは商品によります。
担保があると金利が低めに設定されるというのがメリットになる商品もあります。
貸す側のリスクが減るからですね。
ですから商品によって担保がどうこうと書かれている場合、家を担保にした場合
サービスがどうなるのかを確認し、どっちがいいのかを判断すれば良いということになるでしょう。

借入とかで連帯保証人には絶対になってはいけないと言うけれどなぜ?

これは良い質問ですねー。って誰のふりという突っ込みはしないでほしいのですが
良くあがる話題の一つです。まず保証人と連帯保証人はまったく違います。
友人Aの保証人になった場合と連帯保証人の違いは言葉の通り「連帯」つまり
連帯して借入したお金を返す義務が発生してしまうということになります。
保証人に関してはAさんが返せなくなった、数か月返済が滞っている。という状況に
なったとき保証人のあなたに返済をして頂きます。という流れになります。
しかし連帯保証人は極論ですがAさんが借入をした時点で金融機関から返せと
言われても文句が言えないということになります。

こんな、理不尽なことないですよね。だから絶対に連帯保証人になってはいけません。

参考外部サイト

融資、金融の情報は日々経済状況などに連動し国の政策による変化があります。
その変化により金融機関(貸付業者)も変化します。借入したい利用者からするとその変化は改善
するか改悪するかのどちらしかありません。そういった情報をいち早くキャッチするために
参考になるサイトなどを紹介します。

融資商品(個人向け)にマッチした目的まとめ - 融資で迷った時に目的によってはその商品が良い選択とは限りません。すべてが正解は難しくともこういった目的の場合はこの商品をという選択肢の参考になるサイトです。
消費者金融とは? - 主題は消費者金融だが金融業界全体について指摘しているサイト。

PAGETOPへ

COPYRIGHT© civpol.org 2014 ALLRIGHTS RESERVED.